百人委員会のMLに投稿された活動報告、予定を投稿者の確認を得て転載します。
原文には個人の携帯電話番号が連絡先としてありましたが略しました。
問い合わせはコメント欄へ。

 
7月6日、秘密法廃止「6の日」行動を6名の参加で行いました。
この日は、福岡県南部朝倉方面の朝倉市や杷木地方で、線上降雨帯で大規模な災害が発生しました。6名の方がお亡くなりになり、行方不明者もいます。家屋が土石流で押し流され、川沿いの人家が一軒丸ごと川に流された映像が放映されました。孤立した人家も沢山あって、ヘリコプターで救出されていました。助かった人は「生きた心地がしなかった」と被災の恐怖を語っていました。
 この日の福岡市の天神コア前は、断続的な降雨をおして、傘をさし、チラシを配り、マイクで訴えました。特に、「九州の人が大変な目に逢っているのに、安倍首相はヨーロッパ外遊にでかけました。陣頭に立ち、救命と災害に指揮を執るべ首相か日本にいない。人命が危うい状態にたることを知ったら、即座に帰国して、総理の職責を果たすべきだ」と怒りの声が響き渡りました。
「憲法を変える動きが急ピッチです。2020年のオリンピックを新しい憲法で迎えたいと安倍総理は言っています。逆算すると、憲法改正の是非を問う国民投票は2019年に実施することになります。その年に参議院選挙があります。その選挙と同時に国民投票を行おうという考えが出ています。うかうかできません」。この指摘は深刻な内容です。国民投票法には、公職選挙法が適用されません。個別訪問も自由です。運動資金に上限はありません。公職選挙法の縛りを受ける参議院選挙の隠れ蓑になりかねません。「憲法改正国民投票と議員選挙とは性格を異にします。一緒に御行うのはいかがなものか」
「秘密法は政府が情報を独占し、政府に不都合な情報は罰則を設けて秘匿する趣旨で制定された。」、「共謀罪法の対象は市民全体です、戦争に反対する運動を牽制し、弾圧するために制定された」、「空母が遊弋して、自衛艦が米艦防護した。しかし、政府はこれを認めていない。」などなど、、、。
 最後に7月19日に「ジャーナリスト小笠原みどりさんと話す会」が開かれることを伝えました。
当日配布のチラシを貼り付けます。他面は既報の「話す会」の案内です。
チラシ
有権者が「安倍やめろ」と言って、どこが悪い!!
東京都議選の最終日で、秋葉原駅頭で安倍首相が候補者への応援演説中に、市民が「安倍やめろ」の広い横断幕を広げ「やめろ」「帰れ」と抗議しました。そのとき、安倍首相は驚くべき発言をしました。「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と言ったのです。有権者に向かって「こんな人」とは、なにごとか!安倍首相に会う機会がない有権者が、政策と政権運営について直接意見表明をしたのに、真摯に受け止めるどころか、罵倒したのです。安倍首相、あなたは有権者の厳粛な信託を受けて、国会議員になり首相に就き、「国民」を代表して政治を執っているのではないのですか。有権者を「こんな人」と下げずむ言葉は、選んだ人に対する言葉ではない。この言葉は、統治の主権は「国民」にあるという憲法所与の「主権在民」の原則を否定します。表現の自由の権利の沿革は、国政について時の政権に異議申し立てをすることに始まります。この憲法所与の権利を認めないというなら、政治家の資格はありません。安倍晋三さんは、首相を辞め、国会議員の職を辞すべきです。
関連した新聞記事を記します。
「こんな人たちに負けるわけにはいかない――」
安倍晋三首相が東京都議選の応援演説で、自らを激しく批判していた人たちを前に発した一言が波紋を広げている。多様な世論に耳を傾け、意見をまとめ上げる立場の最高権力者が、有権者を敵と味方に分けるかのような発言。「丁寧に説明する」と強調していた首相の言葉はどこへ行ったのか。(17.7.6 朝日新聞)               
6月15日に強行採決された共謀罪法が7月11日に施行されます。
安倍首相の「こんな人」発言に、共謀罪法の特質が表れています。共謀罪法案は治安維持法と同様、「国民」を(政権にとって都合の)良い人と(政権を批判する都合の)悪い人に分け、「悪い人」を社会から排除し、体制を翼賛する「良い人」だけを国民にする「識別する法律」なのです。この共謀罪法は廃止すべきです。
私たちは、これからは、これまで行動をともにしてきた市民の運動とタイアップして行動します。
今回は、「戦争法を廃止する会」の行動を紹介します。参加されませんか。
===========================
共謀罪法廃止!の夏 天神一周デモで声挙げる 抗議!6・15共謀罪法案強行採決
権利をなおざりにする法律ができても、自由を求める私たちの躍動をとめることはできない。私たちが「共謀罪法廃止」の声をあげることが自由を奪わせない礎になる。
福岡市内に声を響かせよう
不都合を隠す「特定秘密保護法」廃止!国政情報を独占する日本版NSC解体!自衛隊を米軍手先にする戦争法撤廃!私たち全員を被疑者とする共謀罪法廃止!
時  7月19日(水)  午後6時集合場所 
警固公園ソラリアプラザ側